リンダウ(読み)りんだう(英語表記)Lindau

日本大百科全書(ニッポニカ)「リンダウ」の解説

リンダウ
りんだう
Lindau

ドイツ南部、バイエルン州ボーデン湖に臨む都市。人口2万3900(2000)。旧市街地はボーデンに浮かぶ島の上にあり、陸部とは鉄道橋と道路橋で結ばれる。漁村であったが、中世には塩、穀物、ワインなどの集散地として繁栄した。温暖な気候に恵まれ、旧市街地には歴史的景観が残されており、19世紀後半から有数の観光地として知られるようになった。第二次世界大戦後、郊外に工業が発達してきた。

[石井英也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例