コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンデマン Lindeman, Raymond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンデマン
Lindeman, Raymond

[生]?
[没]1942
アメリカの生態学者。 C.エルトンの創出した食物連鎖の概念を発展させ,エネルギー転流の理論を提唱した (1942) 。彼は食物がもつエネルギー源としての性質に注目。まず緑色植物が行う光合成の働きによって,太陽光線のなかの光エネルギーがデンプン分子の化学エネルギーへと形を変えられる。これが無機界から生物界へエネルギーの流入する段階である。次に,植物にたくわえられたデンプンを草食動物が食べることにより,エネルギーは植物界から動物界に受渡され,あとは動物種間の食物連鎖を通じて動物界をエネルギーが転流していく。彼の理論により,動植物間,さらに生物界と無機界とがエネルギーの授受を介して関連づけられ,生態系を構成する各要素の間の関係を統一的に表現することが可能となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

リンデマン【Ferdinand Lindemann】

1852~1939) ドイツの数学者。1882年、円周率 π が超越数であることを示し、円積問題を否定的に解決した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

リンデマンの関連キーワードジョージ・エヴァリン ハチンソンフランツ・E. シモンモニカ ゼタールンドリンデマンの融解公式トルルス モルクヒンシェルウッドリンデマンの式生態学的効率作図不能問題リンデマン則リンデマンス一分子反応角の3等分4月12日ティザード生物生産円積問題マカイドイツ超越数

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リンデマンの関連情報