コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンパ心臓 リンパしんぞうlymph heart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンパ心臓
リンパしんぞう
lymph heart

魚類,両生類爬虫類,鳥類などにみられるリンパ液を循環させるためのポンプの役目を果す器官。リンパ管が静脈と合流する近くにあり,リンパ液の逆流を防ぐ。鳥類では期にのみあり,孵化後は退化する。哺乳類ではリンパ管に弁があるので,リンパ心臓を欠いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リンパ心臓【リンパしんぞう】

下等脊椎動物のリンパ系にある心臓様構造。ポンプ作用でリンパ液を全身に循環させる。魚類ではリンパ管の尾静脈への開口部,両生類では胸部下腹部リンパ本幹,爬虫(はちゅう)類では胸管にあり,鳥類では胚のみがもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のリンパ心臓の言及

【リンパ管】より

…腸粘膜の絨毛(じゆうもう)から始まるリンパ管は,腸間膜の間を走り胸管に合流するが,消化時吸収された脂肪滴の乳糜(にゆうび)によりリンパ液が白濁しているので,乳糜管chyle ductともいう。リンパ液の流れは,哺乳類や鳥類ではリンパ管自体の収縮と随所にある弁の働きで逆流が防がれているが,爬虫類以下の下等脊椎動物では弁がなく,リンパ心臓lymph heartという特殊な装置がリンパ管にあって,そのポンプ作用による。リンパ系【花岡 正男】。…

※「リンパ心臓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リンパ心臓の関連キーワードミュラー(ドイツの生理・解剖学者 Johannes Petrus Müller)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android