コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン循環 リンじゅんかん phosphorus cycle

1件 の用語解説(リン循環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン循環
リンじゅんかん
phosphorus cycle

生物と土壌または水中との間をリンが往復する現象。生体には,蛋白質と結合したり,糖質,脂質などの成分となり,いわゆる有機リン酸化合物として重要な生理機能を果しているリンがある。これらのリンは,陸の生物の場合,生物が死ぬと人為的にまたは微生物の作用で分解され,他の元素と同様に無機リン酸の形となり,土壌中にとどまる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン循環の関連キーワード往復ポンプDME下り上る排気量押上げポンプ連絡員ショット土壌ドリフト土壌炭素率(C/N比)《土壌学原論と土壌地理学》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone