コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン蛋白質 リンたんぱくしつphosphoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン蛋白質
リンたんぱくしつ
phosphoprotein

アミノ酸のみの結合によって構成される単純蛋白質中のセリンまたはスレオニンのようなヒドロキシアミノ酸残基の水酸基リン酸とがエステル結合しているもので,複合蛋白質の一種。乳腺や肝臓で生成され,発育中の生体に対するリンの補給源とみられている。乳中のカゼインはその例であり,卵黄,卵白などにも含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android