コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン蛋白質 リンたんぱくしつphosphoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン蛋白質
リンたんぱくしつ
phosphoprotein

アミノ酸のみの結合によって構成される単純蛋白質中のセリンまたはスレオニンのようなヒドロキシアミノ酸残基の水酸基リン酸とがエステル結合しているもので,複合蛋白質の一種。乳腺や肝臓で生成され,発育中の生体に対するリンの補給源とみられている。乳中のカゼインはその例であり,卵黄,卵白などにも含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android