コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸塩

2件 の用語解説(リン酸塩の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リン酸塩

 リン酸の塩で,通常は正リン酸の塩.緩衝剤,安定剤,粘着剤などの目的で食品添加物として使用されているものもある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸塩
りんさんえん
phosphate

リン酸の塩。リン酸の種類により種々の塩があるが、普通はオルトリン酸塩正リン酸塩)をさす。置換される水素原子の数によって3種のリン酸塩がある。二水素塩MIH2PO4はすべて水に溶けるが、一水素塩MI2HPO4と正塩MI3PO4はアルカリ金属塩だけが溶け、正塩は一水素塩よりも溶けにくい。加熱すると二水素塩はメタリン酸塩、一水素塩は二リン酸塩(ピロリン酸塩)になるが、正塩は変化しない。リン酸塩のもっとも重要な用途は肥料である。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン酸塩の関連情報