コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸塩

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸塩
りんさんえん
phosphate

リン酸の塩。リン酸の種類により種々の塩があるが、普通はオルトリン酸塩(正リン酸塩)をさす。置換される水素原子の数によって3種のリン酸塩がある。二水素塩MIH2PO4はすべて水に溶けるが、一水素塩MI2HPO4と正塩MI3PO4はアルカリ金属塩だけが溶け、正塩は一水素塩よりも溶けにくい。加熱すると二水素塩はメタリン酸塩、一水素塩は二リン酸塩(ピロリン酸塩)になるが、正塩は変化しない。リン酸塩のもっとも重要な用途は肥料である。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リン酸塩の関連キーワードパックスナチュロン食器洗い機専用石けん減圧リン酸塩さら(晒)しコムソモーリスクリン酸カルシウムリンモリブデン酸パーカライジングファンコニ症候群アンフェタミンウィトロカイトデスティネツ石プレトゥル石表面処理鋼板化学処理鋼板カコクセン石トリフィル石燐灰ウラン石重合リン酸塩ブラジリア石メタリン酸塩リン酸塩尿症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リン酸塩の関連情報