コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正塩 セイエン

デジタル大辞泉の解説

せい‐えん【正塩】

酸または塩基が完全に中和されてできる塩。中性塩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

正塩【せいえん】

塩のうち,酸のH,塩基のOHまたはOのいずれをも含まないもの。すなわち酸性塩(たとえばNaHCO3),塩基性塩(たとえばBiOCl)のいずれでもないものをいう。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいえん【正塩】

酸の分子中の電離しうる水素原子を、すべて他の陽イオンで置換した形の塩。正塩の水溶液は必ずしも中性ではない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正塩
せいえん

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正塩
せいえん
normal salt

塩のうち、酸の水素イオンと塩基の水酸化物イオンとが過不足なく反応して生ずるものをいう。たとえばNaCl,(NH4)2SO4,Na3PO4,CuSO4,BiCl3などがそうである。中性塩とよばれることもある。ただし水溶液はかならずしも中性であるとは限らない。これに対して水素イオンが残っているものを水素塩(あるいは酸性塩ということもある)、水酸化物イオン(あるいは酸化物イオン)が残っているものを水酸化物塩、酸化物塩(あるいは塩基性塩ということもある)という。たとえば(NH4)HSO4,Na2HPO4などが水素塩であり、Cu(OH)2CuSO4,BiOClなどが水酸化物塩、酸化物塩である。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正塩の言及

【塩】より

…正しくは水酸化物塩hydroxide saltという)ということもある。これらに対しK3PO4やMgCl2などのように完全に中和された塩を正塩normal saltという。また,たとえばCH3COONa・CH3COOHのような塩も拡張して酸性塩といい,BiCl(OH)2のような形式のものから水分子のとれたBiClOも塩基性塩といっている。…

※「正塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正塩の関連キーワードフッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)ヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム)炭酸水素ナトリウムリン酸アンモニウム燐酸アンモニウム酢酸アルミニウムピロリン酸塩アクア錯塩チオ硫酸塩塩(えん)リン酸塩亜硫酸塩陽イオン水素原子水溶液酢酸鉄燐酸塩硫酸塩炭酸塩炭酸鉛

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android