コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーガル万吉 リーガル まんきち

3件 の用語解説(リーガル万吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

リーガル万吉 リーガル-まんきち

1894-1967 昭和時代の漫才師。
明治27年12月12日生まれ。2代談洲楼燕枝(えんし)に入門し,柳家梧楼(ごろう)を名のる。柳家緑朗(ろくろう)(リーガル千太)とコンビをくんで漫才に転向し,リーガル万吉と改名。軽妙な話術で人気を得,昭和35年芸術祭奨励賞。昭和42年7月30日死去。72歳。東京出身。本名は寄木昇。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

リーガル万吉
リーガルマンキチ

昭和期の漫才師



生年
明治27(1894)年12月12日

没年
昭和42(1967)年7月30日

出生地
東京

本名
寄木 昇

別名
前名=柳家 梧楼(ヤナギヤ ゴロウ),コンビ名=リーガル千太・万吉(リーガルセンタマンキチ),旧コンビ名=緑朗・梧楼

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞奨励賞〔昭和35年〕

経歴
大正初年2代目柳亭燕枝(のち談洲楼燕枝)に入門、柳家梧楼を名のり落語家をめざしたが、昭和5年ごろ漫才に転じ、相方に柳家緑朗(のちリーガル千太)を迎え、コンビで売り出した。8年コロムビアレコードの専属となり、9年リーガル万吉と改名。寄席の高座、レコードで売り、軽妙さととぼけた味で、数少ない東京漫才の第一人者となり、“しゃべくり漫才”として定評を得た。十八番は「やきとり」「ペリ住い」など。30年漫才研究会を結成。37年高座を引退した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

リーガル万吉
リーガルマンキチ


職業
漫才師

本名
寄木 昇

別名
前名=柳家 悟楼(ヤナギヤ ゴロウ)

グループ名
コンビ名=リーガル千太・万吉(リーガルセンタマンキチ),旧コンビ名=緑朗・悟楼

生年月日
明治27年 12月12日

出生地
東京

経歴
大正初年2代目柳亭燕枝(のち談洲楼燕枝)に入門、柳家悟楼を名乗り落語家をめざしたが、昭和5年ごろ漫才に転じ、相方に柳家緑朗(のちリーガル千太)を迎え、コンビで売り出した。8年コロムビアレコードの専属となり、9年リーガル万吉と改名。寄席の高座、レコードで売り、軽妙さととぼけた味で、数少ない東京漫才の第一人者となり、“しゃべくり漫才”として定評を得た。十八番は「やきとり」「ぺり住い」など。30年漫才研究会を結成。37年高座を引退した。

受賞
芸術祭賞奨励賞〔昭和35年〕

没年月日
昭和42年 7月30日 (1967年)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーガル万吉の関連キーワード今いくよ芦乃家雁玉今くるよ内海好江木村栄子砂川捨丸都上英二中村春代ミス ワカサリーガル千太

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone