万吉(読み)まんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万吉 まんきち

1776-1861* 江戸時代後期の人。
安永5年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)鈴鹿の農民市右衛門の子。4歳のとき父が死に,旅人の荷物をはこんで病身の母をやしなった。その徳行が旗本石川忠房らに知られ賞された。のち信楽(しがらき)代官の多羅尾氏に足軽としてめしかかえられ,徳本の姓をあたえられた。万延元年12月28日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万吉の関連情報