コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーフフィッシュ leaf fish

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーフフィッシュ
りーふふぃっしゅ
leaffish
[学]Monocirrhus polyacanthus

硬骨魚綱スズキ目ナンドゥス科に属する淡水魚。南アメリカのアマゾン川とオリノコ川流域とギアナ地方に分布する。体長8センチメートル。体形・体色が水中の枯れ葉によく似た肉食魚で、魚類における擬態の好例として有名。コノハウオという和名もつけられている。体は著しく側扁(そくへん)して体高が高く、木の葉状。下顎(かがく)先端にはひげ状の突起があって葉柄に似る。体には濃淡の斑紋(はんもん)があり、体色は周囲の状況により褐色から黄褐色、帯緑色に変化する。頭を斜め下に向け、透明な背びれと臀(しり)びれ軟条部を小刻みに動かして静かに移動するようすは、まさに水中を漂う枯れ葉である。近似種にアフリカンリーフフィッシュがある。[多紀保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リーフフィッシュの関連キーワード岩礁

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーフフィッシュの関連情報