コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リープマン Liebmann, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リープマン
Liebmann, Otto

[生]1840.2.25. レーベンベルクインシュレジエン
[没]1912.1.14. イェナ
ドイツの新カント派に属する哲学者。テュービンゲンシュトラスブルクの各大学を経てイェナ大学教授となった。 1865年『カントとその亜流たち』 Kant und die Epigonenを著わし,カントへの復帰を唱え,新カント派興隆の端緒となった。物の本質については仮言判断しか成立しないとし,哲学は人間の意識内にのみとどまるべきであると説いた。主著は前記のほか『現実の分析』 Zur Analysis der Wirklichkeit (1876) ,『思想と事実』 Gedanken und Tatsachen (82~1907) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

リープマン

生年月日:1840年2月25日
ドイツの新カント学派の哲学者
1912年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

リープマンの関連キーワードフォルケルト新カント学派カントに帰れ犯罪社会学微分幾何学生年月日批判哲学死刑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android