ルイサイト(英語表記)lewisite

翻訳|lewisite

百科事典マイペディアの解説

ルイサイト

化学式はClCH=CHAsCl2。無色または微黄色の液体。トランス型(融点−2.4℃,沸点196.6℃)およびシス型(融点−44.7℃,沸点169.8℃)がある。水にわずかに溶け,有機溶媒に可溶。毒性が強く,びらん性で,皮膚に付着すると水疱(すいほう)を生じ,さらに吸収されるとショックを起こす。第1次大戦で毒ガスとして使用された。漂白粉で除毒される。→BAL

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ルイサイト【lewisite】

毒ガスの一。アメリカの化学者ルイス(W. Lee Lewis1878~1943)が発明。化学式 C2H2AsCl3 糜爛びらん性・肺傷性の猛毒。ルイス-ガス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android