コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砒素 ヒソ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐そ【×砒素】

窒素族元素の一。金属と非金属との中間的性質をもつ。単体は灰色・黄色・黒色の3種があるが、灰色砒素が普通で、金属砒素ともいい、金属光沢のあるもろい結晶。電気伝導性があり、水・有機溶媒には溶けない。一般に化合物毒性が強い。合金添加剤・半導体の原料などに使用。元素記号As 原子番号33。原子量74.92。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

砒素の関連キーワード方砒素華(データノート)テレーズ・デスケルーセミコンダクターネオサルバルサンガリウム砒素IC発光ダイオードガンダイオード不純物半導体ガリウム砒素中井 利三郎化合物半導体サルバルサンチャタートン輝コバルト鉱有棘細胞がん砒化ガリウム土呂久鉱山ルイサイトコバルト華無水亜砒酸

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砒素の関連情報