ルイ アラゴン(英語表記)Louis Aragon

20世紀西洋人名事典の解説

ルイ アラゴン
Louis Aragon


1897.10.3 - 1982.12.24
フランスの詩人,小説家
パリ生まれ。
別名コレール。
1919年スーポーやブルトンと雑誌「文学」を創刊し、ダダ運動で活躍する。ついでシュルレアリスムの文学運動のメンバーの一人として反逆の文学の創造、文学革命に身を投じた。’29年共産党に入党し’30年ソ連での国際革命作家会議に参加し社会主義レアリストに転身する。コミュニスト作家として再出発し、リアリズム小説を発表する。’57年レーニン平和賞を受賞する。代表作に「砲火」(’20年)、「聖週間」(’58年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイ アラゴン

生年月日:1897年10月3日
フランスの詩人,小説家,評論家
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android