コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲火 ホウカ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐か〔ハウクワ〕【砲火】

を発射したときに出る火。また、発射した砲弾。「砲火を浴びせる」「十字砲火
[補説]書名別項。→砲火

ほうか【砲火】[書名]

《原題、〈フランス〉Le Feuバルビュスの小説。1916年刊。第一次大戦時に志願兵として従軍した著者自身の体験をもとに、戦争の悲惨さを描く。ゴンクール賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうか【砲火】

大砲を発射したときに出る火。
砲撃。また、砲弾。 「 -を浴びる」 「 -の巷ちまた(=戦場)」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

砲火の関連キーワードリヒトホーフェン(Manfred von Richthofen)ガリーナ ニコラエヴァR. コンドラチェンコ直方市でのB29墜落クレア トレヴァーロバート ライアンクロア・ド・フーコンドラチェンコクロア・ド・フーマリアナ沖海戦カーナーボン城ルイ アラゴンクロスファイアニコラーエワクラルテ運動義烈空挺隊那須 弓雄ニコラエワミッチャムツワイク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲火の関連情報