砲火(読み)ホウカ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐か〔ハウクワ〕【砲火】

を発射したときに出る火。また、発射した砲弾。「砲火を浴びせる」「十字砲火
[補説]書名別項。→砲火

ほうか【砲火】[書名]

《原題、〈フランス〉Le Feuバルビュスの小説。1916年刊。第一次大戦時に志願兵として従軍した著者自身の体験をもとに、戦争の悲惨さを描く。ゴンクール賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうか【砲火】

大砲を発射したときに出る火。
砲撃。また、砲弾。 「 -を浴びる」 「 -の巷ちまた(=戦場)」
[句項目] 砲火を交える

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲火の関連情報