コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲火 ホウカ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐か〔ハウクワ〕【砲火】

を発射したときに出る火。また、発射した砲弾。「砲火を浴びせる」「十字砲火
[補説]書名別項。→砲火

ほうか【砲火】[書名]

《原題、〈フランス〉Le Feuバルビュスの小説。1916年刊。第一次大戦時に志願兵として従軍した著者自身の体験をもとに、戦争の悲惨さを描く。ゴンクール賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうか【砲火】

大砲を発射したときに出る火。
砲撃。また、砲弾。 「 -を浴びる」 「 -の巷ちまた(=戦場)」
[句項目] 砲火を交える

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砲火の関連キーワードリヒトホーフェン(Manfred von Richthofen)ガリーナ ニコラエヴァR. コンドラチェンコ直方市でのB29墜落クレア トレヴァーロバート ライアンクロア・ド・フークロア・ド・フーコンドラチェンコマリアナ沖海戦クロスファイアルイ アラゴンニコラーエワクラルテ運動那須 弓雄義烈空挺隊ニコラエワミッチャム山本帯刀浴びせる

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲火の関連情報