コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウェリン ルウェリンLlewellyn, Karl Nicherson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルウェリン
Llewellyn, Karl Nicherson

[生]1893.5.22. ウェストシアトル
[没]1962.2.13.
アメリカの法学者。エール大学で学び,エール,コロンビア,シカゴの各大学で教職についた。ネオ・リアリズム法学 (→リアリズム法学 ) の代表者の一人で,とりわけ法規範の確実性や有効性に対して疑問を提起した。主著『法理学-リアリズムの理論と実際』 Jurisprudence: Realism in Theory and Practice (1962) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルウェリンの関連キーワード黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナーオプラーバモーフーバーマガウアン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルウェリンの関連情報