コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウェリン Llewellyn, Karl Nicherson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルウェリン
Llewellyn, Karl Nicherson

[生]1893.5.22. ウェストシアトル
[没]1962.2.13.
アメリカの法学者。エール大学で学び,エール,コロンビア,シカゴの各大学で教職についた。ネオ・リアリズム法学 (→リアリズム法学 ) の代表者の一人で,とりわけ法規範の確実性や有効性に対して疑問を提起した。主著『法理学-リアリズムの理論と実際』 Jurisprudence: Realism in Theory and Practice (1962) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルウェリンの関連キーワードビディアダール・スーラジプラサド ナイポールエドワード・アダムソン ホーベルルウェリン・アプ・グリフィズプラグマティズム法学ウィリアム ボイドスーザン ヒルナイポールウェールズホーベル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android