コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルシヨン Roussillon

デジタル大辞泉の解説

ルシヨン(Roussillon)

フランス南東部、プロバンス地方、ボークリューズ県の村。黄土の丘の上にあり、集落全体が黄や赤、褐色を帯びている。19世紀から20世紀にかけて黄土の採掘で発展。現在採掘は行われず、観光が主産業になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルシヨン
るしよん
Roussillon

フランス南部の歴史的地方名、旧州名。北はラングドック、南はスペイン国境に接する。現在のピレネーゾリアンタル県(面積4086平方キロメートル、人口39万2803、1999)の範囲にほぼ相当する。中心都市はペルピニャン。古くはイベリア人の住地であったが、紀元前121年にローマ人が到来し、ローマの属州ガリア・ナルボネンシスに統合され、その後ゲルマン人、イスラム教徒の侵入、カロリング朝による奪回、アラゴン領、フランス領、マリョルカ(マジョルカ)領と、所領が変転した。最終的にはルイ14世のときに、ピレネー条約(1659)によってフランスへの帰属が決定した。現在、経済的にはワイン、果実、オリーブなどの農産物が支えているが、気候温暖なためとくに地中海沿岸地域では観光産業も発達している。スペインのカタルーニャ地方に連なり、フランス・カタルーニャとよばれる地域で、ペルピニャンにはカタルーニャ博物館がある。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルシヨンの関連キーワードフェルナンド(5世)フェリペ(4世)フランス(国)カタルーニャ語ルイ(13世)カルカソンヌカスティエ門カタロニア語アンチゴーヌコリウールモンペリエ高等法院リオン湾シヨンセート

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android