ルツコイ(英語表記)Rutskoi,Aleksandr Vladimirovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルツコイ
Rutskoi,Aleksandr Vladimirovich

[生]1947.9.16. ウクライナ,フメリニツキー
ロシアの軍人,政治家。 1964~66年航空整備士。 66年ソ連軍入隊。 70年ソ連共産党入党。 85年アフガニスタン戦争に従軍。空軍少将。 90年ロシア人民代議員に当選。 91年6月ロシア共和国大統領選挙でエリツィンの副大統領候補となり当選。同年の8月クーデターでは共和国庁舎の防衛に活躍。その後チェチェンイングーシ問題,価格自由化政策に関連しエリツィンと対立,議会内外の急進改革路線に批判的な中道派勢力を結集して「市民同盟」を結成,その指導者の一人となる。「自由ロシア国民党」党首。国民的人気があり,エリツィンに代りうる人物の一人と見なされていた。しかし,エリツィン大統領との対立が激しくなり,93年 10月ハズブラートフ最高会議議長らと最高会議ビルを占拠したが,大統領側の武力制圧により投降。逮捕されたがのちに釈放。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android