カザン(読み)かざん(英語表記)Elia Kazan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カザン(Elia Kazan)
かざん
Elia Kazan
(1909―2003)

アメリカの演出家、映画監督、作家。トルコのイスタンブールに生まれる。両親はギリシア人で、4歳のとき一家はアメリカに移住。エール大学で演劇を学び、1932年、スタニスラフスキー・システムを演技の基本として、社会意識と芸術性の両立を標榜(ひょうぼう)するグループ・シアターGroup Theatre(1931~1941)に参加、舞台監督や俳優としての経験を積んだのち演出に専念する。劇団解散後、ソーントン・ワイルダーの『危機一髪』(1942)の演出でブロードウェーに進出し、以後テネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』(1947)や、アーサー・ミラーの『セールスマンの死』(1949)などの名作を次々と手がけ、心理的リアリズムと称される心理に鋭く切り込むきめの細かい人物造形によって、アメリカ演劇界を代表する演出家としての地位を確立した。1947年には、多くの優れた俳優を輩出することになるアクターズ・スタジオActors Studioの設立に加わり、1960年代前半には、リンカーン・センター・レパートリー劇団Lincoln Center Repertory Theatreの演出家も務めている。
 映画界との関係もすでに1930年代中ごろには始まっていたが、『ブルックリン横町』(1945)で監督デビューし、『紳士協定』(1947)でアカデミー監督賞、作品賞を獲得した。さらに『欲望という名の電車』(1951)、『革命児サパタ』(1952)、『波止場』(1954、アカデミー賞受賞)、『エデンの東』(1955)、『草原の輝き』(1961)など多くの傑作を発表し、アメリカ映画界に一時代を築いた。1960年代以降は活動の中心を執筆に移し、自伝的小説『アメリカ アメリカ』(1962年刊、1963年映画化)、『アレンジメント』(1967年刊、1969年映画化)などを発表。なかでも、1950年代の赤狩りに際し非米活動調査委員会に協力した過去も含めて人生を総括した大部の自伝『エリア・カザン自伝』(1988)は大きな話題となった。1999年にはアカデミー賞の特別名誉賞を受賞したが、赤狩りに協力した過去への批判は根強く、ここでも賛否両論が巻き起こった。[一ノ瀬和夫]

資料 監督作品一覧

ブルックリン横丁 A Tree Grows in Brooklin(1945)
影なき殺人 Boomerang!(1947)
紳士協定 Gentleman's Agreement(1947)
大草原 The Sea of Grass(1947)
ピンキー Pinky(1949)
暗黒の恐怖 Panic in The Streets(1950)
欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire(1951)
革命児サパタ Viva Zapata!(1952)
綱渡りの男 Man on A Tightrope(1953)
波止場 On The Waterfront(1954)
エデンの東 East of Eden(1955)
ベビイドール Baby doll(1956)
群集の中の一つの顔 A Face in the Crowd(1956)
荒れ狂う河 Wild River(1960)
草原の輝き Splendor in the Grass(1961)
アメリカ アメリカ America, America(1963)
アレンジメント 愛の旋律 Arrangement(1969)
突然の訪問者 The Visitors(1972)
ラスト・タイクーン The Last Tycoon(1976)
『木島始訳『アメリカ アメリカ』(1964・早川書房) ▽村上博基訳『代役』(1977・早川書房) ▽佐々田英則・村川英訳『エリア・カザン自伝』上下(1999・朝日新聞社) ▽村上博基訳『アメリカの幻想』上下(ハヤカワ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

カザンの関連情報