コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーグルス

4件 の用語解説(イーグルスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イーグルス

1970年代アメリカを代表するロックグループ。ドン・ヘンリーDon Henley〔1947-〕,グレンフライGlenn Frey〔1948-〕を中心に結成され,1972年デビュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

知恵蔵miniの解説

イーグルス

米国のロックバンド。1971年、グレン・フライ(ギター)、ドン・ヘンリー(ドラム)、バーニー・リードン(ギター)、ランディ・マイズナー(ベース)の4人により結成された。72年、アルバムイーグルス・ファースト」(Eagles)でデビュー。74年、ドン・フェルダー(ギター)が加入。翌75年にはバーニーが脱退、ジョーウォルシュ(ギター)が加入し、5人体制となる。76年、アルバム「ホテルカリフォルニア」(Hotel California)が1000万枚超の大ヒットを記録した。77年、マイズナーが脱退、ティモシー・B・シュミット(ベース)が加入。82年5月に解散したものの、94年にアルバム 「ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」をリリースし、以降世界規模のツアーを幾度も行っている。98年、ロックの殿堂入りを果たした。来日公演は、76年、79年、95年、2004年の4度行っている。16年1月18日には、リーダー的存在であったグレン・フライが67歳で死去した。

(2016-1-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イーグルス
いーぐるす
Eagles

1970年代のアメリカのウェスト・コースト・ロックを代表するグループ。ドン・ヘンリーDon Henley(1947― 、ボーカル、ドラム)、グレン・フライGlenn Frey(1948―2016、ボーカル、ギター)、バーニー・リードンBernie Leadon(1947― 、ボーカル、ギター、バンジョー)、ランディー・マイズナーRandy Meisner(1946― 、ベース)によって1971年に結成された。1960年代後半のバーズやバッファロー・スプリングスフィールド、グラム・パーソンズGram Parsons(1946―1973)、ポコ等のロサンゼルスカントリー・ロックの流れをくむサウンドに、さわやかなハーモニーポップさを加味したのが初期の作品の特徴だった。また、軽快なサウンドとは裏腹に、1960年代のカウンターカルチャーが崩れてゆく、けっして楽観的ではいられなかった時代の精神を捉えていたことも、イーグルスが時代を象徴するグループになったことの大きな要因である。1972年、フライとジャクソンブラウンJackson Browne(1948― )が共作した「テイク・イット・イージー」が大ヒットし、グループは一気に軌道に乗った。
 『ならず者』(1973)は西部開拓時代が舞台のコンセプト・アルバムで、フォーク・ソングやブルーグラス(ギターのほか、ウッド・ベース、フラット・マンドリン、バンジョー、フィドルなどのアンサンブルにハイ・トーンのボーカルがのる音楽)といったアメリカ音楽のルーツへの志向が前面に出ており、アメリカのアコースティック・ロックの重要なアルバムの1枚に挙げられる。次作『オン・ザ・ボーダー』(1974)から、ギタリスト、ドン・フェルダーDon Felder(1947― )が参加。従来のサウンドを引き継ぎつつ、よりポップで、かつハードなロック・サウンドも志向するようになる。同アルバムからはヒット・チャート1位になった「我が愛の至上」も生まれた。『呪われた夜』(1975)は前作の方向性がより明確になり、フォーク・ソング、ブルー・グラス志向が強かったリードンはこのアルバムを最後にバンドを脱退している。『呪われた夜』からはタイトル曲、「いつわりの瞳」「テイク・イット・トゥー・ザ・リミット」の3曲が全米チャート・トップ5入りするヒットになり、グラミー賞を4部門で受賞した。
 リードンの穴を埋めることになったのは、アメリカ人でありながら、ブリティッシュ・ハード・ロック志向の強いジョー・ウォルシュJoe Walsh(1947― 、ボーカル、ギター)だった。ウォルシュの個性は、ウェスト・コーストのアコースティック・ロックの代表格イーグルスとは相いれないようにも思われたが、異なった個性が見事に融合し、『ホテル・カリフォルニア』(1976)に結実することになる。ロック時代の終焉とデカダンスがつづられた同アルバムは大ヒットし、イーグルスは音楽的にも商業的にもピークを迎えた。バンドは1980年の『イーグルス・ライヴ』を最後に解散するが1994年に再結成し、アルバム『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』を発表しツアーも行った。[中山義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イーグルスの関連キーワードアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ撫子アメリカンサザンロックパックスアメリカーナアメリカンカジュアル州旗ダックテール

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イーグルスの関連情報