コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルネサンス建築 ルネサンスけんちく Renaissance architecture

2件 の用語解説(ルネサンス建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルネサンス建築
ルネサンスけんちく
Renaissance architecture

15~16世紀中頃,ヨーロッパ全域に開花した革新的建築様式。中世のゴシック建築は抽象的な神の尺度を求めたが,ルネサンス建築では人間の尺度を基準とすることが求められ,ギリシアローマの建築を範とする構成的な形態美が追及された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ルネサンスけんちく【ルネサンス建築】

一五世紀のイタリアで起こりヨーロッパ全土に広がった、古代ローマ建築を規範とする古典主義建築。均衡のとれた明瞭さが特徴的。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルネサンス建築の言及

【ネオ・ルネサンス様式】より

…19世紀前期のヨーロッパで起こったルネサンス建築様式の復興をいう。ドイツのゲルトナーFriedrich von Gärtner(1792‐1847)はミュンヘンに建てたルートウィヒ教会(1829‐40)および国立図書館(1831‐40)で,イタリアのロマネスク様式やルネサンス様式に近い単純な煉瓦造りの半円アーチ様式を採用したが,これが石材に乏しいドイツの状況によく適合して流行し,やがてゼンパーによるドレスデンの宮廷歌劇場(1838‐41)のような優雅なルネサンス様式の採用に変化した。…

【ルネサンス美術】より

…しかし,これらの後進地域も,16世紀初めまでには,より本格的なフィレンツェの様式を受け入れるようになる。
[理想都市]
 ルネサンス第一の古典学者アルベルティは,ブルネレスキから強い刺激を受け,ウィトルウィウスなどの古代文献研究を通じ,建築の比例理論を〈オーダー〉の体系にまとめ上げ,また透視図法の数学的裏づけを試みるなど,ルネサンス建築理論の基礎を築き上げた。その一方で,みずからも建築の設計を試み,フィレンツェ,リミニ,マントバなどに重要な作品を残している。…

※「ルネサンス建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルネサンス建築の関連キーワード北ヨーロッパゲルマン民族西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパ全欧ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルネサンス建築の関連情報