ルビーロウムシ(読み)るびーろうむし

日本大百科全書(ニッポニカ)「ルビーロウムシ」の解説

ルビーロウムシ
るびーろうむし
[学] Ceroplastes rubens

昆虫綱半(はんし)目同翅亜目カタカイガラムシ科Coccidaeに属する昆虫。ルビーロウカイガラムシともよばれる。体は半円形で、3、4ミリメートルの貝殻で覆われる。幼虫は紅色、淡紅色、そしてアズキ色と変化する。体腹面にある気門から背側に向かって4本の紐(ひも)状の分泌物を出す。ミカン、チャ、モチノキ、マサキなど多くの樹木に寄生し、害を与える。本州以南の日本全土、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジアに分布する。日本には明治時代初期に侵入し、明治後期に侵入地の長崎県から各地へ広がった。しかし、近年は有力な天敵であるルビーアカヤドリコバチにより激減している。

[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ルビーロウムシ」の解説

ルビーロウムシ

ルビーロウカイガラムシとも。半翅(はんし)目カタカイガラムシ科の昆虫。ほとんど全世界の暖地,日本では関東・北陸以西に分布する。は無翅,直径4mm内外のあずき色の蝋状物質におおわれる。雄は1mm内外で暗紅色,透明の翅がある。ミカン,カキツバキ,モチノキなどの果樹庭木に寄生する害虫で,被害樹は樹勢が衰え(すす)病を併発する。以前はミカン類の大害虫であったが,ルビーアカヤドリトビコバチの発見以後その被害が激減した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のルビーロウムシの言及

【ルビーロウカイガラムシ】より

…半翅目カタカイガラムシ科の昆虫。別名ルビーロウムシ。雌雄異形。…

※「ルビーロウムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android