コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビーロウムシ

2件 の用語解説(ルビーロウムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルビーロウムシ

ルビーロウカイガラムシとも。半翅(はんし)目カタカイガラムシ科の昆虫。ほとんど全世界の暖地,日本では関東・北陸以西に分布する。雌は無翅,直径4mm内外のあずき色の蝋状物質におおわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルビーロウムシ
るびーろうむし
[学]Ceroplastes rubens

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目カタカイガラムシ科Coccidaeに属する昆虫。ルビーロウカイガラムシともよばれる。体は半円形で、3、4ミリの貝殻で覆われる。幼虫は紅色、淡紅色、そしてアズキ色と変化する。体腹面にある気門から背側に向かって4本の紐(ひも)状の分泌物を出す。ミカン、チャ、モチノキ、マサキなど多くの樹木に寄生し、害を与える。本州以南の日本全土、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジアに分布する。日本には明治時代初期に侵入し、明治後期に侵入地の長崎県から各地へ広がった。しかし、近年は有力な天敵であるルビーアカヤドリコバチにより激減している。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルビーロウムシの言及

【ルビーロウカイガラムシ】より

…半翅目カタカイガラムシ科の昆虫。別名ルビーロウムシ。雌雄異形。…

※「ルビーロウムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルビーロウムシの関連キーワード天敵半翅類ラック貝殻虫綿吹貝殻虫水蝋蝋硬貝殻虫貝殻虫矢の根貝殻虫ルビー蝋虫