コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルフェーブル・デタープル Jacques Lefèvre d’Étaples

1件 の用語解説(ルフェーブル・デタープルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルフェーブル・デタープル【Jacques Lefèvre d’Étaples】

1450ころ‐1536
フランスの人文学者,宗教改革の先駆者。ラテン名ファベル・スタプレンシスFaber Stapulensis。北フランス,ピカルディーのエタープルに生まれ,パリに学び人文学教授となり,1507年サン・ジェルマン・デ・プレ修道院長の地位についてフランスのルネサンスの学問を代表した。聖書研究と聖書翻訳を出版し,宗教改革の志を抱き,〈信仰による義認〉の教理の強調はルターに先んじている。20年に門下のブリソンネGuillaume Briçonnetたちとともにモー司教区の改革に着手,新約聖書の初のフランス語訳を完成するなどしたが,まもなく異端の嫌疑をかけられて逃亡,以後沈黙する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルフェーブル・デタープルの関連キーワードアラゴエラスムスビュデコレージュドフランス人文科仏文学フランスソワールマンデスフランス広瀬哲士福井芳男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone