コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルフェーブル・デタープル Jacques Lefèvre d’Étaples

1件 の用語解説(ルフェーブル・デタープルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルフェーブル・デタープル【Jacques Lefèvre d’Étaples】

1450ころ‐1536
フランスの人文学者,宗教改革の先駆者。ラテン名ファベル・スタプレンシスFaber Stapulensis。北フランス,ピカルディーのエタープルに生まれ,パリに学び人文学教授となり,1507年サン・ジェルマン・デ・プレ修道院長の地位についてフランスのルネサンスの学問を代表した。聖書研究と聖書翻訳を出版し,宗教改革の志を抱き,〈信仰による義認〉の教理の強調はルターに先んじている。20年に門下のブリソンネGuillaume Briçonnetたちとともにモー司教区の改革に着手,新約聖書の初のフランス語訳を完成するなどしたが,まもなく異端の嫌疑をかけられて逃亡,以後沈黙する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ルフェーブル・デタープルの関連キーワード世宗ウェールズ文学姜 維平鶏竜山窯少弐資元タリコナユーゴ空爆腎臓移植Netflix選挙費用の公費負担制度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone