コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルロアール Leloir, Luis Frederico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルロアール
Leloir, Luis Frederico

[生]1906.9.6. パリ
[没]1987.12.3. ブエノスアイレス
アルゼンチンの生化学者。ブエノスアイレス大学で学んだのち,母校のほかイギリスやアメリカで研究を続け,ブエノスアイレス生化学研究所所長 (1947) 。ラクトース (→乳糖 ) の生成機構を解明。この研究から糖ヌクレオチドを発見し,炭水化物の生合成の過程を明らかにした。この業績により 1970年のノーベル化学賞を受賞した。ほかにグリコーゲンの研究もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ルロアール

アルゼンチンの生化学者。パリ生れ。ブエノス・アイレス大学卒。糖代謝における副腎の役割などを研究。独裁政権に抗議したため迫害を受けて1945年渡米。1947年帰国して私立生化学研究所を設立

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルロアール
るろあーる
Luis Federico Leloir
(1906―1987)

アルゼンチンの生化学者。9月6日、パリの生まれ。ブエノス・アイレス大学で医博(1932)、イギリス、アメリカへ留学、1946年帰国、生化学研究所長(1947~1987)。おもな業績は脂肪酸酸化の研究と糖の中間代謝の研究であり、グリコーゲンのグリコシル単位がウリジン二リン酸グルコース(UDPG)に由来することを発見し(1950)、グリコーゲン生合成機構の解明を行い(1957)、ヌクレオチド‐糖化合物の研究に先鞭(せんべん)をつけた。これにより1970年ノーベル化学賞を受賞した。アルゼンチン医学アカデミー、全米科学アカデミー、フランス科学アカデミーなどの会員。[岩田敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルロアールの関連キーワードショーモンシュルロワール城ショーモンシュルロアール城アゼールリドー城ブエノスアイレスジャン・ド・マンオートロアール県サンテティエンヌシャンボール城シュノンソー城シュベルニー城ビランドリー城ショーモン城ロアール渓谷アンボアーズアルゼンチンラクトースフランスシノン城ブロア城ユッセ城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android