コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルー(廬)山国立公園 ルーさんこくりつこうえんLu shan National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルー(廬)山国立公園
ルーさんこくりつこうえん
Lu shan National Park

中国チヤンシー (江西) 省北部,ポーヤン (鄱陽) 湖の北西岸にある名山ルー (廬) 山を中心とする国立公園。ハンヤン (漢陽) 峰 (1426m) を最高峰に標高 1300~1500m級の山並みが続き,雲海と断崖絶壁,そして三畳泉の滝などのみごとな景観で知られる。晋代 (386) に名僧慧遠が入山して浄土教の聖地となり,唐代に全盛期を迎えた。寺院・仏塔は数百に上り,中国仏教の八大道場の一つに数えられた。李白杜甫をはじめとする文人墨客が愛した地でもある。 19世紀後半以降は外国人や政府高官の避暑地としても知られるようになった。現在,省の直轄行政区域となり,遺跡の修復や道路の整備などが進められている。 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android