ルーチョ フォンタナ(英語表記)Lucio Fontana

20世紀西洋人名事典の解説


1899.2.19 - 1966.9.7
イタリアの彫刻家。
アルゼンチン出身。
1905年家族でミラノ移住、ブレラ美術学校で学び、’30年非具象彫刻展を開く。’36〜37年パリで「アブストラクション・クレアシオン」に参加、’39年アルゼンチンに渡り前衛芸術運動を組織、’46年ブエノス・アイレスで「白の宣言」を発表。同年帰国、’51年ミラノで「空間主義技術宣言」を主唱戦後のライト・アートや環境芸術の先駆となる。その後切れ目を入れたカンヴァスや穴や裂け目のあるセラミックの作品を発表、晩年切り抜きによる平面的作品を発表。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android