レイモン ペルグラン(英語表記)Raymond Pellegrin

20世紀西洋人名事典の解説

レイモン ペルグラン
Raymond Pellegrin


1925.1.1 -
フランスの俳優。
ニース生まれ。
本名Raymond Pellegrini。
16歳から本格的に演技を学び、ニースのパレ・ド・ラ・メディテラネで舞台デビューし、その後、パリに移り、数多くの舞台出演の後、1945年「Marie la misère」で映画デビューする。ギャングスターとしての作品が多く、特異な性格俳優として売り出す。「橋からの眺め」(’61年)、「日曜日には鼠を殺せ」(’63年)などハリウッド映画にも進出。’54年大作「ナポレオン」、’62年「皇帝のビーナス」で二度のナポレオン役を演じる。他に「リオの嵐」(’65年)などに出演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android