レオポルト(2世)(読み)れおぽると(英語表記)Leopold Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レオポルト(2世)
れおぽると
Leopold
(1835―1909)

ベルギー王(在位1865~1909)。レオポルト1世の第2子。植民地問題でオーグスト・ランベルモン、軍事問題でカピテン・ブリアモンなど有能な人材を重用し、植民地の獲得と国防力の充実に努めた。スタンリーのコンゴ探検を援助、1885年のベルリン会議で、自らを王とするコンゴ自由国の建設を認めさせ、ゴムや象牙(ぞうげ)の輸出で個人的にも巨額の富を得た。しかしこれには内外からの非難が集中し、コンゴはベルギーの植民地となった(1908)。治世中、普通選挙法(1893)を制定。壮大な都市計画をもっていたが、国民皆兵法への署名を最後に死去した。[黒沢文貴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android