レオポルド2世(英語表記)Leopold Ⅱ

20世紀西洋人名事典の解説

レオポルド2世
Leopold Ⅱ


1835 - 1909
ベルギー国籍。
ベルギー国王
レオポルト一世の第二子で第二代目国王。在位1865〜1909年。皇太子時代から植民地獲得に熱心で、国防力の充実にも努めた。在位期間がベルギーの激しい政治的・社会的対立時期に当たり、調停を企てて政党政治に介入、非立憲君主的行動を非難される。1885年のベルリン会議において列強に「コンゴ自由国」の建設・領有を認めさせたが、現地住民の酷使が内外からの非難を受け、1908年ベルギーに併合する。1893年には普通選挙法を制定。1909年アルベール1世譲位、国民皆兵法への署名を最後に死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

レオポルド2世

生年月日:1835年4月9日
ベルギーの国王(在位1865〜1909)
1909年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオポルド2世の関連情報