レオポルド ルゴネス(英語表記)Leopoldo Lugones

20世紀西洋人名事典の解説


1874 - 1938
アルゼンチン詩人
新聞記者となり社会主義をたたえる記事を書く。処女詩集黄金の山々」(1897年)を発表。また、祖国への愛にあふれた壮大な「百年祭歌」(1910年)などの詩集がある。晩年ファシズムに共感して若い支持層を失い、自殺をした。その他に「黄昏」(05年)、また短編集「奇妙な力」(’06年)、「感情」(’09年)など数多い。詩人として「近代派」に属する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1874年6月13日
アルゼンチンの詩人
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android