コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオン ドグレル Léon Degrelle

20世紀西洋人名事典の解説

レオン ドグレル
Léon Degrelle


1906 -
ベルギーの政治家。
レックス党党首。
ブイヨン生まれ。
フランスの羽翼アクシオン.フランセイズの影響を受け、ファッショ団体「王キリスト軍団」に加わる。1936年の総選挙で、21議席をレックス党党首として獲得する。’41年ベルキー人編成の「ワロン軍団」で、独ソ戦にナチス親衛隊の一翼として参加。’45年欠席裁判により死刑の判決をベルギーの法廷で受ける。亡命後はクリーニング店をマドリードで営み、ヒトラー賛美の著書を発表し自分の立場を弁明した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android