レクステイネリア(英語表記)Rechsteineria

世界大百科事典 第2版の解説

レクステイネリア【Rechsteineria】

イワタバコ科に属する球根植物の1属。ブラジルからメキシコにかけて約75種が分布し,そのうち数種が栽培される。しかしオオイワギリソウ属Sinningia(グロキシニア)にごく近縁で,最近はオオイワギリソウ属に合一されることも多い。扁平な球状の球根(塊茎)を有し,直立した茎に対生に楕円状の葉をつける。一般に,全面に微細な毛,または軟毛を帯びる。茎頂近くの葉腋(ようえき)に,1ないし数花をつける。花は細長い筒状で先端は短く5裂し,横または下向きに咲く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android