コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レクステイネリア Rechsteineria

1件 の用語解説(レクステイネリアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レクステイネリア【Rechsteineria】

イワタバコ科に属する球根植物の1属。ブラジルからメキシコにかけて約75種が分布し,そのうち数種が栽培される。しかしオオイワギリソウ属Sinningia(グロキシニア)にごく近縁で,最近はオオイワギリソウ属に合一されることも多い。扁平な球状の球根(塊茎)を有し,直立した茎に対生に楕円状の葉をつける。一般に,全面に微細な毛,または軟毛を帯びる。茎頂近くの葉腋(ようえき)に,1ないし数花をつける。花は細長い筒状で先端は短く5裂し,横または下向きに咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone