コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レスコー Lescot, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レスコー
Lescot, Pierre

[生]1515頃.パリ
[没]1578. パリ
フランスの建築家。絵画,数学,建築を学んだ。フランス・ルネサンス建築の作風を確立。 1546年にフランソア1世の依頼で彫刻家 J.グージョンとともにルーブル宮殿増築を担当し,方形の中庭の西南翼を設計した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レスコー
れすこー
Pierre Lescot
(1501/1510―1578)

フランスの建築家。初め絵画を学び、20歳を過ぎてから数学と建築に専念した。デビュー作はサン・ジェルマン・ローセール聖堂の内陣障壁(1541~45)で、これはのちに取り壊され、一部ルーブル美術館に収蔵された。彼をとくに著名にしているのは旧ルーブル宮の中庭に面した西側翼屋の南半分(1546~59)で、フランス・ルネサンス建築の典型的事例とされている。その壁面構成には古代ローマの凱旋(がいせん)門のモチーフが採用されて古典主義様式が確保されていると同時に、フランスのシャトー(城館)建築の伝統様式が適用され、それと巧妙に調和している。そのほか彫刻家グージョンとの協力によるオテル・カルナバレ(1544ころ)がよく知られている。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レスコーの関連キーワードプレボー(Antoine François Prévost d'Exiles)フィオレンツァ コッソットファビオ アルミリアートロバート テューズリージョスカン・デ・プレロランド ビリャソンロイヤル・バレエ団カリタ マッティライレク ムハメドフG. プッチーニマノン・レスコーディ・ステファノマノン・レスコーマンサード屋根ファムファタル二酸化炭素抽出フランソア1世デュ・セルソーある貴人の回想デル・モナコ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android