レソト王国

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

レソト王国

周囲を南アフリカに包まれた人口約200万人の山岳の国。面積は約3万平方キロで、日本の四国の約1・6倍。1966年に英国から独立した立憲君主制の国家だ。雄大な峡谷が広がり、「アフリカスイス」「南部アフリカの屋根」などと呼ばれる。牧畜や観光が主な産業だが、多くの男性は生活を維持するために、南アの鉱山などに出稼ぎに行っている。

(2010-06-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android