コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッチェン峠 レッチェンとうげLötschenpass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッチェン峠
レッチェンとうげ
Lötschenpass

スイス南部,ベルン州とバレー州の境界をなすベルナーオーバーラント中の峠。標高 2690m。トゥーン湖方面からカンダーシュテークを経てローヌ川の谷に出る比較的容易な通路として,14世紀から利用された。峠の下には長さ1万 4612mのレッチベルク・トンネル (1913完成) があり,ベルンから北イタリアへ向うシンプロン・トンネル経由の列車が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッチェン峠
れっちぇんとうげ
Ltschenpa

スイス南西部のベルン・アルプスにある峠。氷河に囲まれた2690メートルの高所にある。ベルン州のカンダー谷とバレー州のレッチェン谷を結ぶ道が通ずるが、自動車による通行はできない。ベルンからブリークに至るレッチュベルク鉄道が、峠の下を長さ14キロメートルのトンネル(1907~1913建設)をうがって通過している。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android