コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッチェン峠 レッチェンとうげ Lötschenpass

2件 の用語解説(レッチェン峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッチェン峠
レッチェンとうげ
Lötschenpass

スイス南部,ベルン州バレー州の境界をなすベルナーオーバーラント中の峠。標高 2690m。トゥーン湖方面からカンダーシュテークを経てローヌ川の谷に出る比較的容易な通路として,14世紀から利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッチェン峠
れっちぇんとうげ
Ltschenpa

スイス南西部のベルン・アルプスにある峠。氷河に囲まれた2690メートルの高所にある。ベルン州のカンダー谷とバレー州のレッチェン谷を結ぶ道が通ずるが、自動車による通行はできない。ベルンからブリークに至るレッチュベルク鉄道が、峠の下を長さ14キロメートルトンネル(1907~1913建設)をうがって通過している。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レッチェン峠の関連キーワードトゥルンメンヒエッギスホルンクロイツボーデントムリスホルンビーチホルンミッテルアラリンモニュメントバレーロートホルン境界杭=境界石

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone