レティチェラ(英語表記)reticella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レティチェラ
reticella

レティセラともいう。イタリア語小網を意味し,網目の中に小円幾何学模様を埋込んだレースの模様。 16~17世紀に流行した。エリザベス1世 (在位 1558~1603) や同時代衣裳ラフに用いられ,最初はカットワーク極度に洗練されたもののデザインに使われたが,そのうちニードルポイントレースボビンレースにも取入れられ,壁掛けなどもつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のレティチェラの言及

【レース】より

…このレースは仕上がりが非常にニードル・ポイント・レースに似ていた。
[近世]
 16世紀の中ごろ,ベネチアで考案されたニードル・ポイント・レースは,レティチェラreticellaと呼ばれ,布地がほとんど見えないぐらい糸でかがった幾何学模様の孔あき刺繡であるが,やがて本格的なプント・イン・アリアpunto in aria(〈空中に刺したレース〉の意)に発展した。この技法は,織りの粗い麻地の上に,下絵を描いた羊皮紙をとめ,輪郭を粗く縫ってフレームを作り,その糸をたどりながらブランケット・ステッチを浮かしながらからげていき,羊皮紙を切ってはずすと糸だけで模様を構成するレースで,デザインは単純な幾何学模様の縁飾りから,やがて唐草・花鳥・風俗模様の幅広いボーダーになり,さらに,動物・花鳥模様へと変化していった。…

※「レティチェラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android