コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリザベス1世(読み)エリザベスいっせい(英語表記)Elizabeth I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリザベス1世
エリザベスいっせい
Elizabeth I

[生]1533.9.7. グリニッジ宮殿
[没]1603.3.24. リッチモンド
イギリス,チューダー朝のイングランドおよびアイルランド女王(在位 1558~1603)。ヘンリー8世と第2王妃アン・ブリンの王女として生まれ,一時王位継承権を剥奪されたが,異母姉メアリー1世の死後即位。中道的な宗教政策をとり,国王至上法,礼拝統一法を発して国教会制度(→アングリカン・チャーチ)を確立させるとともに,急進的な清教徒(→清教主義)と旧教徒を抑圧した。外交においては諸国間の対立に巻き込まれるのを警戒したが,オランダ,フランスの新教徒をひそかに援助し,またスペイン船略奪を奨励した。スペインとの開戦後は無敵艦隊(アルマダ)を撃滅(1588),国威を高めた。ウィリアム・セシル,フランシス・ウォルシンガムら有能な補佐役にも恵まれ,困難な問題の多かった社会情勢の変動によく対処した。晩年には独占権や言論の自由をめぐって議会と対立したが,問題をこじらせることはなかった。エリザベスは結婚しなかったため,その死とともにチューダー朝は終わり,彼女が処刑させたメアリー・スチュアートの子,ジェームズ1世スチュアート朝を開いた。なおエリザベス治世にはウィリアム・シェークスピアらが出てイギリス・ルネサンス文学(→ルネサンス)の黄金時代でもあった。(→イギリス史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エリザベス1世

生年月日:1533年9月7日
イギリス,チューダー朝の女王(在位1558〜1603)
1603年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリザベス1世の関連情報