コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフ ラフRaff, Joseph Joachim

9件 の用語解説(ラフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフ
ラフ
Raff, Joseph Joachim

[生]1822.5.27. チューリヒ近郊ラッヘン
[没]1882.6.25. フランクフルトアムマイン
ドイツの作曲家。独学で作曲を学び,メンデルスゾーンに認められる。 1849~53年ワイマールリストの助手をつとめた。 77年フランクフルトのホーホ音楽院院長に就任。作品は交響曲 11,オペラ協奏曲室内楽など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラフ
ラフ
ruff

ヨーロッパの 16~17世紀にかけて男女に用いられた独特のひだ襟。一般には薄手上質の亜麻布,寒冷紗ローンなどに糊づけして丸ごてをあてながら連続したS字形や波状にひだ寄せしてつくり,ときには青や黄などの非常に淡い色が施された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラフ(rough)

[名]
硬式テニスで、ラケットの裏側。かつてラケットに飾り糸を付けていた頃、糸が凸凹になっている面を言った。⇔スムーズ
ゴルフコースで、フェアウエーやグリーンの外辺の草や芝を刈っていない不整備地帯。
[形動]
荒っぽいさま。乱暴なさま。「ラフなプレー」「仕事ぶりがラフだ」
大まかなさま。「ラフなプラン」「ラフスケッチ」
形式ばらず、気取らないさま。「ラフな服装」
表面がざらざらしているさま。「ラフな布地」

ラフ(ruff)

16世紀半ばから約1世紀間、ヨーロッパの男女に用いられた襞襟(ひだえり)。麻にのりづけして技巧的にひだ寄せしたものが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ラフ

チューリッヒ近郊のラーヘンに生まれる。ピアニスト、作曲家、教師。シュヴィーツのイエズス会ギムナジウムで教育を受けた。1844年にピアノ曲op.2~6をメンデルスゾーンの推薦で出版される。1945年にフ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラフ【Joachim Raff】

1822‐82
ドイツの作曲家。F.リストの助手を務めたのち,1856年よりウィースバーデンでピアノ教師。77年よりフランクフルト・アム・マインのホーホ音楽院院長。リストを中心とする新ドイツ楽派の一人に数えられ,リストの交響詩のいくつかは彼がオーケストレーションを担当。11曲の交響曲やオペラをはじめ各ジャンルにわたり作品を残したが,とりわけバイオリンのための《六つの連作小品》(作品85,1859)に含まれた《カバティーナ》は有名で,軽快な抒情性を特徴としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ラフ【ruff】

首の周りを取り囲む襞ひだ襟。一六、七世紀の西洋で、貴族が用いた。

ラフ【rough】

( 形動 )
手ざわりがざらざらしているさま。 「 -な布」
荒っぽいさま。乱暴なさま。 「 -な扱い」
大まかなさま。無造作なさま。くだけたさま。 「 -なプラン」 「 -な服装」
( 名 )
ゴルフ-コースで、フェア-ウエー以外の手入れをしていない草地。 「 -につかまる」
硬式テニスのラケットで、飾り糸の編み目のこぶが粗い方の面。トスの際、ラケットの表裏をこれで見分ける。 ↔ スムーズ
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ラフの関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラフの関連情報