コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カットワーク cutwork

翻訳|cutwork

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カットワーク
cutwork

刺繍技法の一つ。図案線上をボタンホールステッチでかがり,その内側の布を切抜いてレースのような透かし模様をつくる西洋刺繍の主要技法。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カットワーク(cutwork)

模様の縁をステッチでかがり、その内側の布地を切り取ってレース状に仕上げた切り抜き繍(ししゅう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カットワーク

刺繍(ししゅう)の一種。図案の輪郭をボタンホール・ステッチやオーバーカスト・ステッチで刺し,あとで布を切り取って透かし模様を作る。ほつれにくい麻,木綿地にフランス刺繍糸が用いられ,婦人服の衿(えり)やテーブルセンターなどに応用される。
→関連項目刺繍ドロン・ワーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カットワーク【cutwork】

切抜きししゅう。オープンワーク(透しの部分をつくる技法)の一種で,本来白地の布に白糸で刺すため,〈白糸ししゅう〉ともいう。土台の布に,図柄の輪郭線を細かいボタンホール・ステッチでかがり,模様の内側の地布の部分を切り抜いて,透し模様や浮彫効果を出す手芸。装飾的で優美。寝具や室内装飾品に,またブラウス,ワンピースなどの襟,袖,裾など部分的に用いる。7世紀にはヨーロッパで僧服などに使われ,13世紀以後急速に発展し,16世紀にはニードル・ポイント・レース(レース)も生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カットワーク【cutwork】

布地に写した図案の輪郭をかがり、内側の布を切り取って、レースの感じをもたせた刺繡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カットワークの関連キーワードスリップドレス白糸刺しゅうレティチェラ刺しゅう

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カットワークの関連情報