コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レルパチェン レルパチェン Ral ba can

2件 の用語解説(レルパチェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レルパチェン
レルパチェン
Ral ba can

[生]806
[没]841
古代チベットの王 (在位 815~841) 。本名はティツク・デツェン。 822年に唐と和平条約を結び,659年以来続けられた中国との戦いを終息させた。また仏教を尊信し,教団を厚遇して訳経事業や寺院の建立に力を注ぎ,反仏教勢力との対立を深めて暗殺されたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レルパチェン
れるぱちぇん
Ral pa can
(806―841)

ソンツェンガンポ王に始まる吐蕃(とばん)(チベット)王朝の第9世。治世は815年から841年。正式にはチツクデツェンKhri gtsug lde brtsanといい、レルパチェン(長髭(ながひげ))とはその風貌(ふうぼう)につけられたあだ名。祖父チソンデツェン王(第6世)の時代に仏教がインド、中国両国より本格的に導入され、その後破仏状態に陥ったが、父である崇仏王チデソンツェンの後を受けてその事業を継承し、仏教国家としての古代チベット王朝の基盤を築いた。821年、唐との戦争状態を終結させ(唐蕃(とうばん)会盟)、訳経事業に力を注ぎ、チベット最初の訳経目録『デンカルマ』を完成させた。また過剰ともいえる仏教保護政策をとり、ウンチャド大寺院など多くの学堂を建立するなど、仏教興隆に力を入れたが、和平による経済停滞と、教団への乱費によって国力が疲弊した。その結果、国論の分裂を招き、最後は心の病によって没したとも暗殺されたともいわれる。[沖本克巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レルパチェンの関連キーワード階乗ソンツェンガンポNエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone