コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズマメ Lens esculenta; lentil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンズマメ
Lens esculenta; lentil

マメ科の一年草で,ヒラマメ (扁) とも呼ばれる。地中海地方から西アジアの原産とされ,南ヨーロッパや北アメリカで食用に栽培されている。茎は直立し,高さ 25~50cmでよく分枝し,軟毛におおわれる。花は淡紫色,白色,淡紅色などさまざまである。花冠は5個の花弁から成る蝶形花である。豆果は扁平卵形で短い。種子は普通2個生じ,直径4~8mm,褐色の種皮の中に淡紅色の子葉がある。ヨーロッパでの栽培の歴史は古く,スープ用などにされたが,現在ではわずかに利用されるにすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

レンズマメ

 [Lens culinaris].食用のマメの一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンズマメ
れんずまめ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレンズマメの言及

【ヒラマメ】より

…花は白,赤あるいは青紫色で,豆果は小さく長さ1.5~2cmほど,中に扁平円形で凸レンズ状の2個の種子(豆)がはいっている。この形からレンズマメともいう。若莢(さや)は野菜に,豆はもっぱら製粉されスープなどにして食用にされる。…

※「レンズマメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レンズマメの関連キーワードその他の豆類根粒細菌レンズマメ科食物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android