コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンノックス・ガストー症候群(レノックス症候群) れんのっくすがすとーしょうこうぐんれのっくすしょうこうぐんLennox-Gastaut Syndrome

家庭医学館の解説

れんのっくすがすとーしょうこうぐんれのっくすしょうこうぐん【レンノックス・ガストー症候群(レノックス症候群) Lennox-Gastaut Syndrome】

[どんな病気か]
 子どもにおこるてんかんの1つで、けいれん発作(ほっさ)が、いつも同じ1種類だけではなく、急に手足を突っ張るようにする(強直(きょうちょく)けいれん。ごく短い時間の場合はスパスムという)、意識だけがぼーっとする(非定型欠神発作(ひていけいけっしんほっさ))、手足をピクピクさせる(ミオクロニー発作)など、いろいろなかたちのけいれん発作がみられるのが特徴です。
 精神運動発達の遅れをともなうことが少なくありません。
 脳波検査を行なうと、特徴的な波形(遅い棘徐波結合(きょくじょはけつごう)など)が出現します。
 2~5歳で発症することが多いのですが、年長児や成人になって発症することもあります。
 頻度の少ないまれな病気です。
[原因]
 一部は、ウエスト症候群(コラム「ウエスト症候群(点頭てんかん)」)に引き続いて発症します。脳炎、脳症などの病気の後遺症としておこることもあります。
[治療]
 いろいろな抗けいれん薬が使用されますが、けいれんが治まりにくいことが多いものです。
 副腎皮質刺激(ふくじんひしつしげき)ホルモン(ACTH)を使用するホルモン療法が奏効することもあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android