レースフラワー(英語表記)Ammi majus; bishop's weed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レースフラワー
Ammi majus; bishop's weed

セリ科一年草で,地中海沿岸地方の原産。ドクゼリモドキという和名があるが,印象が悪いためかレースフラワーの俗称で流通している。葉は1~3回3出羽状複葉で,互生する。草丈は 30~100cm。よく分枝し,しなやかな茎の頂部に,細かい5弁花が複散形花序を形成。俗称の由来となったレースを思わせる繊細な印象があり,切り花や花壇に利用される。湿気のあるひなたや半日陰を好む。じょうぶで育てやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レースフラワー

地中海沿岸地方や西アジア原産のセリ科の1年草アンミ・マジュス(和名ドクゼリモドキ,英名ビショップス・ウィード)が,園芸ではレースフラワーとよばれている。径6〜10cmの,繊細な感じのする白色の複散形花序をつける。同じセリ科のブルー・レースフラワーは,オーストラリア原産の1年草で,学名をトラキメネ・カエルレアといい,淡青紫色の小さな花を径7〜8cmの散形花序につける。ともに切花として利用される。後者には淡桃色花もあり,それを園芸的にピンク・レースフラワーと称することもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android