コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レースフラワー Ammi majus; bishop's weed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レースフラワー
Ammi majus; bishop's weed

セリ科一年草で,地中海沿岸地方の原産。ドクゼリモドキという和名があるが,印象が悪いためかレースフラワーの俗称で流通している。葉は1~3回3出羽状複葉で,互生する。草丈は 30~100cm。よく分枝し,しなやかな茎の頂部に,細かい5弁花が複散形花序を形成。俗称の由来となったレースを思わせる繊細な印象があり,切り花や花壇に利用される。湿気のあるひなたや半日陰を好む。じょうぶで育てやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レースフラワー

地中海沿岸地方や西アジア原産のセリ科の1年草アンミ・マジュス(和名ドクゼリモドキ,英名ビショップス・ウィード)が,園芸ではレースフラワーとよばれている。径6〜10cmの,繊細な感じのする白色の複散形花序をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android