コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーニン峰 レーニンほうpik Lenina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーニン峰
レーニンほう
pik Lenina

タジキスタン,キルギス両国の境界にある高峰。パミール高原北部のザアライスキー山脈最高峰で,標高 7134m。斜面は氷河で覆われている。 1871年発見された当時はソ連の最高峰とされたが,1928年コムニズム峰 (7495m) ,1943年ポベーダ峰 (7439m) の存在が確認された。 1934年ソ連隊が初登頂。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レーニン峰の関連キーワードカシュガル(喀什噶爾)川フェドチェンコタジキスタン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レーニン峰の関連情報