コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアレ県 ロアレLoiret

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアレ〔県〕
ロアレ
Loiret

フランス中部,サントル地区 (レジオン) の県。旧オルレアネ州東部,ロアール川中流域を占める。県都オルレアン。県名のもととなっているロアレ川は,オルレアンの南に発し約 13km西流してロアール川に合流する小河川である。県北西部のボース台地は肥沃で,フランスの穀倉地帯を形成。北東部ガティネ地方では穀物栽培と養蜂のほか,牧草を栽培し,ウシを飼育している。南東部ロアール川右岸のピュイゼ地方は粘土質で湿潤な森林地帯となっている。オルレアンを中心とする河岸段丘にはさまれたロアール河谷の沖積平野では,温暖な気候を利用した野菜栽培が盛んで,段丘上にはブドウ畑が広がり,フランスの食用酢の約2分の1の原料を産している。このロアール河谷と北部台地の間には広大なオルレアンの森があり,建築材を供給している。県南部,ロアール川左岸はソローニュ地方に含まれ,森林と湖沼が多く,林業,牧畜が行われるほか,狩猟地としても知られる。工業はオルレアンとその周辺に集中し,機械,電気,陶磁器,ゴム,木工,食品などの工業が立地している。県内にはボージャンシージアンなど古い城館や町並みをもつところが多く,観光も重要な産業の一つである。面積 6775km2。人口 538万 612 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロアレ県の関連キーワードサン・ブノア・シュル・ロアールサンブノアシュルロアールジェルミニー・デ・プレサントクロア大聖堂セノネス人ポアソン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android