コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイシンジッパー

1件 の用語解説(ロイシンジッパーの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ロイシンジッパー

 DNAに結合するタンパク質のある種のものがもつ構造で,35アミノ酸残基ほどの領域に,7残基ごとにロイシンがある.この構造をもつタンパク質では,この領域が結合してホモダイマーを形成し,転写因子として働く.Myc,FosJunなどがこの構造をもつ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロイシンジッパーの関連キーワードアポタンパク質核タンパク質CREBGTP結合タンパク質TBP乳タンパク質ビタミン結合タンパク質複合タンパク質ヘリックス-ループ-ヘリックスタンパク質レチノール結合タンパク質

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone