コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイシンジッパー

栄養・生化学辞典の解説

ロイシンジッパー

 DNAに結合するタンパク質のある種のものがもつ構造で,35アミノ酸残基ほどの領域に,7残基ごとにロイシンがある.この構造をもつタンパク質では,この領域が結合してホモダイマーを形成し,転写因子として働く.Myc,FosJunなどがこの構造をもつ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ロイシンジッパーの関連キーワードCREBmyc

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android