コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクロイ Lokroi; Locri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロクロイ
Lokroi; Locri

イタリア半島南部にあったドーリア系の古代植民都市。前 680年頃建設。ラテン名ロクリ。住民はギリシア本土のロクロイ人と区別してロクロイ・エピゼヒュリオイと呼ばれた。前 660年頃ギリシア社会では初めて成文法典をもった。前6世紀にクロトンの攻撃を撃退,のち隣市レギオンとの抗争の際シラクサの支援を受け,ペロポネソス戦争時にはアテネの西方進出を食止めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android