コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケット観測 ロケットかんそく

百科事典マイペディアの解説

ロケット観測【ロケットかんそく】

ロケットを利用する大気超高層の観測。第2次大戦後ドイツのV-2号などを利用して主として米国で開発され,180kmぐらいの高度まで打ち上げられている。太陽,宇宙線電離層地磁気宇宙塵などのほか,気温,気圧などの気象要素,高空大気の組成の研究などが行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ロケット観測の関連キーワードマラジョージナヤ基地気象ロケット観測所ロケット(飛行体)ロケット気象観測南極地域観測隊ロケットゾンデベラトリックス気象ロケット観測ロケットX線天文学X線天体ロケット気圏

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロケット観測の関連情報