コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケット観測 ロケットかんそく

百科事典マイペディアの解説

ロケット観測【ロケットかんそく】

ロケットを利用する大気超高層の観測。第2次大戦後ドイツのV-2号などを利用して主として米国で開発され,180kmぐらいの高度まで打ち上げられている。太陽,宇宙線電離層地磁気宇宙塵などのほか,気温,気圧などの気象要素,高空大気の組成の研究などが行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ロケット観測の関連キーワードマラジョージナヤ基地ロケット(飛行体)気象ロケット観測所ロケット気象観測南極地域観測隊ロケットゾンデベラトリックス気象ロケット観測ロケットX線天文学X線天体ロケット気圏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロケット観測の関連情報