ロッキードU-2(読み)ロッキードユーに(英語表記)Lockheed U-2

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッキードU-2
ロッキードユーに
Lockheed U-2

アメリカ空軍と中央情報局 CIAの要求に基づく戦略偵察機。特殊任務を目的とするもので,スパイ機ともいわれる。 1954年春からロッキードが開発し,1955年8月初飛行した。2万 7000mの高高度を長時間にわたって飛び続け,地上の建造物や,レーダ基地や防空設備などの軍事施設を鮮明な写真に撮ることができる。降着装置は自転車のように前後2輪のみで,離陸の際は左右の翼端に小さな車のついたばね支柱を取り付け,離陸後は切り落として飛行する。生産数は派生型を合わせて 65機以上。アメリカ合衆国は冷戦時代,本機をソビエト連邦領域の偵察にも使った。このうち1機が 1960年5月ソ連領内で撃墜され,操縦士フランシス・パワーズが逮捕されて大きな国際問題となり,米ソの対立が表面化した (→U-2型機事件 ) 。U-2の発達型は TR-1と呼ばれる。U-2Bは,エンジンがP&W J75-P-13ターボジェット (推力 7700kg) 1,乗員1,全長 15.1m,主翼翼幅 24.4m,総重量 7180kg,最大速度時速 850km,巡航速度時速 740km,航続距離約 6400km。その後 GE F118-GE-101ターボファン・エンジン (推力 8600kg) を装備するU-2Sが 30機,複座で訓練用のU-2STが4機配備されているが,無人偵察機の発達に伴い引退の時期も近い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android