コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックフェラー2世 ロックフェラーにせいRockefeller II, John Davison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックフェラー2世
ロックフェラーにせい
Rockefeller II, John Davison

[生]1874.1.29. オハイオ,クリーブランド
[没]1960.5.11. アリゾナ,トゥーソン
アメリカの富豪,慈善家。ロックフェラー財閥の創始者 J.D.ロックフェラーのひとり息子。ブラウン大学卒業後,父の事務所で働き,ロックフェラー各種財団,医学研究所などの設立に参画,その主要ポストに就任した。 36歳のとき事業関係から手を引き,全世界人類の幸福を目標として慈善事業に専念。社会事業を世界 52ヵ国で営み,ロックフェラー財団の理事長として活躍した。第2次世界大戦後は,ニューヨークの国連本部のために土地を寄付するなど,国際間の協調促進のためにも功績をあげた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ロックフェラー2世

生年月日:1874年1月29日
アメリカの富豪,慈善家
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ロックフェラー2世の関連キーワードロックフェラー(John Davison Rockefeller)ジョン・D.(3世) ロックフェラーロックフェラー・センターロックフェラー・センターニューヨーク近代美術館ロックフェラー3世生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android